ルミガンの副作用

特に女性は毎日メイクをしていると マスカラやつけまつ毛、アイラインなどアイメイクにポイントをおいてメイクすることが多いように思います。そして毎日、メイクオフ。これではまつ毛も傷んで、短くなったり少なくなったりしても仕方がありません。一旦、短く、少なくなってしまったまつ毛は、そう簡単にはもとに戻りません。それが「まつ毛の育毛」というものにチャレンジするきっかけとなります。

【まつ毛の育毛って本当にできる?】

まつ毛の育毛と一言でいっても、まつ毛専用の美容液もあります。
最近はまつ毛の美容液がとても人気で 各メーカーからいろんな目的に応じたまつ毛の美容液を販売しています。他にも 薬品を使ったまつ毛の育毛もあります。まつ毛の育毛剤です。まつ毛の育毛剤は美容液と違って 治療の分野に限りなく近くなりますので美容液よりも まつ毛の育毛や変化がはっきりとみることができます。

【まつ毛の育毛剤は緑内障の薬?】

現在、まつ毛の育毛剤と使われているものの中で一番知名度の高いまつ毛の育毛剤は「ルミガン」という薬です。
もともと、アメリカで作られた緑内障治療の為の薬でしたがまつ毛に変化が見られたことをきっかけに まつ毛の育毛剤として扱われるようになりました。アメリカではビマトプロスト点眼液といわれ、日本版厚生労働省、FDAが承認した緑内障用の点眼液なのです。そのビマトプロスト点眼液の日本版がルミガンというわけです。また、ルミガンのジェネリック医薬品でもあるケアプロストにもルミガン同様にまつ毛の育毛効果が期待できます。

【まつ毛の育毛剤ルミガンの使用と副作用】

ルミガンはメイクを落とし 洗顔をした顔のまつ毛の生え際に塗って使います。
軽く湿る程度で良いとされています。周りについたルミガンは拭きとっておくということを忘れないでください。使い方としてはこれだけです。

ただ、なんといっても始まりは緑内障の点眼薬です。副作用の例として「瞼の黒ずみ」や塗布した箇所の「かゆみ」、「目の充血」、「目の乾き」、「違和感」等が挙げられています。今はインターネットの普及から 自分で個人購入もできるまつ毛の育毛剤、ルミガンですが以上のような副作用も報告を受けており、元々は医師の処方の元に使用するまつ毛の育毛剤、ルミガンですから勝手な判断で使用せず、専門医にかかって まつ毛の育毛に取り組むことが良いと思われます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ