アルコールと喫煙が髪の毛に与える影響

男性の抜け毛の原因に、アルコールやたばこが原因となることをご存知ですか。
お酒を飲んだって、タバコを吸ったって、髪とはなにも関係なさそうですがそんなことはありません。
では、アルコールやたばこが原因の抜け毛は どんな対策を取ればよいでしょうか。

【アルコールやたばこを摂取するということ】

アルコールもたばこも大昔から存在するということは、人間の生活の中で どこか必要なところがあるからかもしれません。確かに、ストレスを解消してくれたり、心を落ち着けてくれたり、など適度な量である場合はその人のストレスを軽減もしてくれることでしょう。

しかし、やはり体には余りよいものでない、ということは、医学的にも証明されています。髪や頭皮にも決して良いものとは言われておらず、抜け毛の原因にもなっているようです。

【抜け毛との繋がり】

では、アルコールやたばこが どんな風に抜け毛に影響してくるのでしょうか。
アルコール、つまりお酒は 適量ならば血行を良くし、ストレスの解消にも手助けをしてくれて 抜け毛とは関係なさそうに思いますが、量が過ぎると肝臓に負担がかかり、髪へ送る栄養の供給不足になるといわれています。そうなると当然、薄毛や抜け毛の原因となることは理解できます。

また、喫煙がなぜ抜け毛との繋がりがあるかと考えると、たばこのニコチンには血管を収縮させてしまう働きがあり、薄毛や脱毛を促進してしまうことが原因であるといわれているからです。

【アルコールや喫煙を考える】

一般的に、喫煙は受け入れられない時代となっています。
ひと昔前は もっと、いろんなところで喫煙できたのですが、飲食店でも職場でも、タバコの吸える場所は縮小されてきました。それが意味することは、特に喫煙は体に良くないということです。例えば妊婦さんの喫煙がいけないといわれるところは、血管の収縮により 胎児に栄養がまわらない、ということも言われています。

血液の流れが悪くなると当然、毛髪や頭皮にも悪影響を及ぼすものと考えられます。頭皮への血行が悪くなると、薄毛や抜け毛に繋がることは誰でもがわかるところです。従って、抜け毛の対策を考えるとき、やはり過度のアルコールや喫煙を好むのならばまず、それを止めることが 抜け毛対策の第一歩だと思われます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ