産後の抜け毛対策

抜け毛の悩みは男性にも女性にもありますが、その原因に大きな違いがひとつあるとすれば
女性の産後の抜け毛です。これは女性特有の抜け毛となります。

【産後の抜け毛】

女性が赤ちゃんを産むということは、想像できないくらいのエネルギーがいります。
それと同時にいろんなところが変調します。それは自覚しているところもあれば、自覚していないところもあります。
髪も同じこと。出産と関係ないように思いますが、赤ちゃんを産んだ後の抜け毛がひどく 髪がすっかり薄くなった、というママは珍しくありません。産後の抜け毛は 今まで髪や頭皮で悩んだことのないママには驚きの事実となります。

【産後の抜け毛はなぜ起こるのか】

産後は女性のホルモンバランスが崩れるといいます。
女性ホルモンには黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2種類がありますが妊娠中に増加する卵胞ホルモンが出産後に減少し、いっきに抜け毛がおこるといわれています。ホルモンバランスが崩れることにより、抜け毛が起こり、
一般的には生後2~3ヶ月頃から半年くらいの間が抜け毛のピークといわれています。

【抜け毛の対策はいつから?】

産後は 体のいろんな部位のメンテナンスをしなくてはなりません。頭皮や髪、つまり、産後の抜け毛や薄毛の対策も取っておくことが賢明です。産後の抜け毛は 女性ホルモンの変化から起こることがわかっていますが、それだけではなく、出産後の数々のストレス、例えば、寝不足、育児に対する不安、母乳を赤ちゃんに与えることによる栄養不足など、過労やストレスが原因となり産後の抜け毛となります。疲れやストレスは血行も悪くなり、頭皮に栄養がいかなくなることも抜け毛の原因の一つです。では、どうすればよいのでしょうか。

とにかくストレスをためないように工夫をし、疲れを残さないように心がけることです。その為には 一人で育児を抱え込まず、また、産後も存分に体を休息し、助けてもらえるところには 遠慮なく甘えてみることです。それが結論として 産後の抜け毛の対策となります。産後の抜け毛はホルモンバランスの乱れからなので、ホルモンバランスが元に戻ると髪もまた戻ってきます。大きく心配のない産後の抜け毛ですが、発毛に適した環境を整え、沢山の睡眠と十分な栄養を摂取するようにしましょう。それが何よりの産後抜け毛の対策となることでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ