抜け毛対策に有効な治療薬

ごっそりと髪が抜けたり、薄くなったりすると、心が穏やかではありません。
薄毛や抜け毛の対策は どういうことをすればよいでしょうか。育毛シャンプー、塗り薬、食事改善など、いろんな対策方法がありますが、「治療薬を使う」という抜け毛の対策方法もあります。

【抜け毛の種類】

「抜け毛」と一言でいってもいろんな抜け毛あります。
女性特有のホルモンバランスの乱れからくる産後の抜け毛。
ストレスからくる円形脱毛症となる抜け毛。
食事の不摂生から亜鉛不足による抜け毛。
男性特有のAGA(男性型脱毛症)による抜け毛、などいろんな原因からなる抜け毛の種類があります。

【AGA治療薬プロペシアを使う】

抜け毛の対策として「飲み薬を使う」という方法があります。
塗り薬でもなく、シャンプーでもなく、服用する飲み薬です。
今現在、2種類の治療薬があり、一つはミノキシジル。もう一つはプロペシアです。

ミノキシジルは、進行している薄毛や脱毛の再生に役立つ治療薬とされ、発毛に効果があるといわれています。それに対して治療薬プロペシアは、抜け毛の進行を止めて、現状維持であることに重きをおいた治療薬です。抜け毛対策にはプロペシアがよいのではないか、と考えられますが、プロペシアには特徴があり、まず、女性には向かない治療薬であり、男性型脱毛症(AGA)のみに対策効果があります。プロペシアの服用は 医師の診断や処方箋のもとに手に入れることができる AGA治療薬プロペシアですが、やはり飲み薬というだけあって 髪に対する効果としては どの方法よりも確かなようです。

【AGA治療薬プロペシアの服用】

AGA(男性型脱毛症)ならば、抜け毛の対策として 治療薬プロペシアを使うことは抜け毛の対策の方法として最適なことだと思います。ところが、プロペシアは薬局などで簡単に手に入る薬とは異なる為、適切な診察を受けなければなりません。そして、専門の知識を持った医師の診断のもと 治療を進めていく必要があります。

確かに、個人輸入などの方法で 医師の診断を仰がずにプロペシアを購入することはできますがやはり、薬品の副作用もあるので 個人輸入をして自分の判断でAGA治療薬プロペシアを服用し、抜け毛の対策をとることはお勧めできません。
参考サイト:プロペシア情報局.com/プロペシアの効果.jp

サブコンテンツ

このページの先頭へ