就任祝いに送りたい胡蝶蘭

会社勤めをしていると、いろんな方の就任のお祝いをすることがあります。
就任祝いには花を贈ることが一般的ですが、どんな風にお祝いのお花を贈ればよいでしょうか。そもそも、就任祝いでお花を贈るということは、そのほとんどがビジネスに関係してくるはずですのでマナーの失敗のないようにしておきたいものです。

【就任祝いの花はどんな種類がよいか】

社長就任祝いや、役員就任祝いとなると、一般的には胡蝶蘭を贈ることになります。
胡蝶蘭はお祝い事全てに通じる高級な花ですので、どんなお祝いごとでも大概は胡蝶蘭を贈れば間違うことはありません。恐らく胡蝶蘭ばかりが相手の方には届くことになると思われますがそこは、慣例として同じく胡蝶蘭の花を就任祝いで贈ってよいと思います。

こういう場合は個性を出すのではなく、企業として、いち会社人として一般的なマナーに従うことが常識人として認められることになります。

【就任祝いの花の相場は】

就任祝いの花は胡蝶蘭を贈れば大きな失敗はないのでおススメですが、では、大きさや本数、金額はどうしたらよいか、悩みます。まず、贈る側が何人でするのか、一人なのか、個人的に数名のグループで贈るのか、それとも企業対企業というスタンスで贈るのか、ケースによって随分と違ってきます。

また、社長や役員に就任される場合、企業のトップクラスの方へ贈ることになるので余りに小さい胡蝶蘭は逆に失敗例となってしまいます。見栄を張る必要はありませんが、相手の方に恥をかかせても、また、こちら側も自分の企業や上司に格好の悪い結果になってもいけませんので、それなりのボリュームのある胡蝶蘭を贈ることがベストでしょう。

4~5万くらいから 上は10万円くらいの胡蝶蘭がよく贈られるそうですが贈る側、贈られる側の企業の大きさなどもあるので、ここはよく考えなくてはなりません。

【就任祝いの花に迷ったら】

人生の内で就任祝いのお花を贈る回数はそう何回もありません。
ましてや いただく方となれば もっと経験者は少なくなるでしょう。
そうなると必然的に、経験者はあまりいないということになります。
周囲の人に相談しても、就任祝いの花の贈り方に関して詳しい人はほとんどいない、と思ってよいでしょう。そんな時は花屋さんに教えてもらうのがベストです。どういう状況、環境で就任祝いの花を贈るか相談すると、必ず、よいアドバイスをもらえるはずです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ